時期による変化

家

日本では人の移動する時期が決まっていることが多くあります。最も移動の多いのが2月から3月です。大学の入学も社会人になる就職もいずれも4月になりますから移動はピークが3月ですが、2月から移動が始まります。引越しをする場合には必ず引越し業者に見積もりを頼むことが重要です。自宅に来てもらって運ぶものを現実に診てもらって見積もりを依頼することで正確な金額を把握することが出来ます。引越しのピークに重なりますと見積もり金額も高くなるので出来るだけ日にちをずらすことがお勧めです。最盛期にはアルバイトも大量に採用されているので、慣れない人も多くなります。日にちをずらすことによって金額的なメリットもありますが、何より慣れた人が引越し業務をすることが期待できます。

引越し業者から見積もりを取った時には内容については細かくチェックする必要があります。移動する距離にもよりますが、近距離であれば小型の車で二度運ぶことも検討して比較することも出来ます。当日の人数にも目を配らなければなりません。社員とアルバイトでは能率が大きく異なりますので出来るだけ社員で構成してもらうようにすることがコストを下げることに繋がります。引越しの際に荷物にキズがついたり、家にキズがついたりするのは、引っ越し作業に原因があるので、熟練した人が多いほど安心です。引越しに必要な段ポールやガムテープについても最低限必要な数にしなければなりません。余分に頼んでも引き取ってくれる場合もありますので事前によく業者と話し合っておくことが必要です。